×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

田村能里子オフィシャルホームページ:過去の掲載記事婦人公論
過去の掲載記事
毎日新聞 京都版 2011年11月1日掲載

トロッコ列車開業20周年

嵯峨駅に8メートルの壁画
制作者 田村能里子さん招き除幕式

保津峡の自然を満喫できるトロッコ列車(4駅、全長7・3キロ)を運営する嵯峨野観光鉄道は、
今年開業20周年を迎えたのを記念し、トロッコ嵯峨駅(京都市右京区)コンコースに
壁画「平成春秋まつりばやし」を設置。
制作者の画家、田村能里子さんらを招いた除幕式が、このほどあり、
一枚に桜と紅葉が描かれた鮮やかな作品がお目見えした。
アクリル絵の具が使われた壁画は、縦1.8メートル、横8メートル。
式では同社の長谷川一彦社長が、同駅近くの宝厳院(右京区)にある田村さん作の襖絵を見て感動し、
依頼したという経緯を披露した。
あでやかな着物姿の女性や子供を描いた作品を前に、田村さんは
「作品に近付き、絵の中に入った気持ちを楽しんでほしい」
と話していた。









                        (C)Noriko Tamura All Rights Reserved.