×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過去の掲載記事
北海道新聞  2010年7月12日掲載


      


 北海道新聞 2010年(平成22年) 7月12日 (月)


 ◆◇◆ 田村能里子さん壁画 JRタワーで公開 ◆◇◆

   “タムラレッド”と呼ばれる独特の赤色でアジアの風物を描く画家、田村能里子さん制作の壁画「白い風のソナタ」が
 札幌駅と結ぶJRタワー1階西コンコースの西側壁面に完成、一般公開された。

  田村さんは愛知県生まれ。
 武蔵野美大を卒業後、インドや中国、タイなどに滞在して制作を続けてきた。

  今春、JRタワー開業7周年記念として個展「赫い季節風」を開催したのをきっかけに、得意とする壁画を札幌でも
 手がけることになった。
 壁画は高さ2.87メートル、幅8.13メートル。
 田村さんらしい赤を基調とした草原でくつろぐ女性たちと2頭の白馬が描かれている。

  7日の除幕式であいさつに立った田村さんは、
 「多くの人の目に触れる場所の作品ですので格別な思いで描きました。
  白馬は、さっちゃんとぽろちゃんという愛称にしました。うーんとかわいがってください」
 と話していた。


                              (C)Noriko Tamura All Rights Reserved