×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

過去の掲載記事
北海道新聞2010年6月13日掲載


      
      〈 友好の壁画 よみがえれ 〉
  四川大地震で損傷.。作者の田村さん修復

 JR札幌駅構内の壁画も手掛ける画家田村能里子さんが、中国陜西省西安で2008年の四川大地震で損傷した
 自作の修復にあたっている。日中の文化的きずなを描いた壁画「二都花宴図」(1988年)。
 田村さんは地元の求めに応え、友好を象徴する作品の再生に力を注ぐ。
 (中国・西安で佐藤千歳写真も)

  田村さんは愛知県出身、東京在住で、日本の壁画制作の第一人者。
 現在は、7月上旬にJR札幌駅に完成予定の壁画を制作している。
 その作業の合間を縫って、西安を訪れた。
 作品は、西安のホテル「唐華賓館」のロビーを飾る縦1.6メートル横60メートルの大作。
 奈良時代の日本と唐、シルクロードの人物像群をアクリル絵の具で描いている。
 四川大地震で約30本の亀裂が入った。

  田村さんは高さ約4メートルの足場で修復作業にあたる。
 22年の歳月で変化した色を再現し、亀裂を一つ一つ埋める。
 「修復していると、絵を描いたころを思い出します」と話す。

  壁画は、田村さんの中国留学歴を知ったホテル経営者の依頼で制作。
 夏は気温40度以上、冬は氷点下10度以下の環境で1年半を要した。
 しかし「勉強させてもらったから」と制作費を受け取らなかった。
 日中の交流誌を描いた作品内容と無償制作の逸話は、広く知られるようになった。
 翌89年の天安門事件で中国は国際的に孤立したが、先進国の中で日本が最初に交流を再開した。
 これを重く見た陜西省は、田村さんに記念賞を授与。
 作品は日中友好の象徴とされ、92年訪中した天皇陛下一行も視察した。

  地震による損傷の後、ホテル張泰生営業部長が田村さんに助言を求め、応急処置を施した。
 田村さん8日に西安に到着した後も、張さんらが交代で作業を手伝う。
  22年前とはホテルの様子も変わった。
 05年の反日デモや金融危機で日本人は減り、国内客と欧米人が増えた。
 それでも壁画の魅力は変わらない。
 パレットを手に田村さんは話す。
 「私は絵描きだから、口ではなく絵で日中友好を実現したい」





                              (C)Noriko Tamura All Rights Reserved